• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog
  • recruit

blog

2019.02.08

【息子の授業参観で感じたこと】

みなさまこんにちは!

 

 

ポッキー安達 です!

 

 

 

【息子の授業参観で感じたこと】

 

 

はい。

 

やってまいりました。

 

 

先日、出勤前に少し時間があいそうだったので、妻と一緒に息子の授業参観に行ってきました。

 

 

 

 

時間にしてわずか10分居るかいないかだったと思うのですが、とても感じるものがあったので、ちょっとブログに書いてみようかなぁと思いました。

 

 

授業の内容としては、

 

 

自分のなりたい職業や興味ある職業を自分なりに調べてレポートにまとめそれをみんなの前で発表する。

 

 

といったところだったと思います^_^

 

 

僕の息子の順番は1番初めだったので、ちょうど聞くことができたのですが、北の息子が発表していたのは僕の予想もつかないものでした。

 

 

『今日僕が発表するのはプロゲーマーです』

 

 

(えっ?)

 

 

妻の方を見る僕。

 

 

ただ前を見据える妻。

 

僕はまさか息子がプロゲーマーについて調べているなと思っていなかったので、意外すぎて少しうろたえました。

 

 

『皆さんはプロゲーマー?て思うかもしれませんが、日本での認知がまだ少ないだけで、海外ではかなり認知されつつある職業の1つであります』

 

 

(えっ?何この展開、、、)

 

 

『それに海外ではもう、子供をプロゲーマーに育てるために、プロゲーマーの家庭教師をつけるらしいです』

 

 

(えっ?そうなの?初耳すぎるんだけど)

 

『アメリカと韓国はプロゲーマーに対する意識がかなり高いみたいです』

 

 

(えっ?知らないんだけど、、、韓国もなの?)

 

 

『世界で1番証券が高いゲームの大会は8億円の賞金が出るみたいです』

 

 

(8?! 8億円⁈ 宝くじじゃん!)

 

 

 

等々僕の知らない情報がボロボロ出てきます、、、、、、、、、

 

他の子もそうでした、YouTubeについて調べてきていた真面目そうな女の子もそうでした。

 

 

1再生あたりの値段など知らない情報がごろごろ出てきました。

 

 

きっとこの子たちはスマホを使って気になったことをどんどんGoogleで検索にかけて知りえた情報をまとめてきたんだろうなと。

 

 

もう情報を手に入れると言うことに関しては、大人も子供も差は無く、情報はGoogleの中に転がっていて、なおかつ英語が読めるひとは、それこそほんとに世界中の情報が手に入るわけで。

 

 

もし授業参観に行って息子の話を聞く前に、息子が『プロゲーマーになりたい』
や、『プロゲーマーになりたいから家庭教師をつけてくれ』とか言い出していたら、全く何言ってるのか相手にもしなかったと思うんですが。

 

 

とにかく今回の授業参観で感じた事は、

 

 

【僕らよりも知ってる】

 

 

と言う感じでした。

 

 

興味があることだけですが、それについて純粋に知りたいと思って調べると言うことについては、もう大人と変わらない。

 

 

もしかしたらほんとに数年後息子が進路を決めるときに、今まで自分が仕事としてその存在を知らなかったものになりたいとか言い出す日が来るわけですね。

 

 

いやはや恐ろしいもんです。

 

 

僕は時間がなかったので、息子とあと2人の子供の発表しか聞けませんでしたが、きっとあの流れからいくと、僕が小学校の時のようなケーキ屋さんとかお花屋さんとか言う子はきっといなかったはず。

 

 

僕は普段、自分が知らないことをたくさん知れるので、お客様と話すのが楽しいし、本を読むのも好きだし、それをまた人に話すのも好きですが、今回の授業参観は僕の知らないことだらけだったので、相当勉強になりました^_^

 

 

あんなに楽しい情報がたくさん出てくるなら、仕事に遅刻してもいいから全部聞けばよかった。

 

 

そんな感じです^ ^

 

 

スマホを持った小学生恐るべし。

 

 

今日は以上です^_^

 

 

安達でしたー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

店長 安達 亮次 adachi ryouji instagram