• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog
  • recruit

blog

2019.04.16

〜もっと短くしたくなった?!サイドのカットを変えるだけでだいぶ印象が変わりますよ^_^編〜【安達のお仕事シリーズ】

みなさまこんにちは!

 

 

 

 

 

ポッキー安達 です!

 

 

 

 

 


【安達のお仕事シリーズ】
〜もっと短くしたくなった?!サイドのカットを変えるだけでだいぶ印象が変わりますよ^_^編〜


 

 

 

 

はい。

 

 

やってまいりました。

 

 

 

本日のお客様は3週間ぶり?かな?

 

 

 

ついこないだ短く切ったばかりなのですが、なかなか完璧主義のお客様でして、

 

 

 

『襟足が少し伸びてきて自分の好きなバランスではなくなってきた。』

 

 

 

ということで、さらにすっきりカットしました^_^

 

 

 

まずは仕上がりをご覧ください^_^

 

 

 

 

 

 

 

切ったのは少しなんですけどねぇ〜。

 

 

結構印象変わりますよね^_^

 

 

 

より詳しくご覧になりたい方は続きを読んでみてくださいね^_^

 

 

 

 

それでは今日もお悩みを解決していきたいと思います^_^

 

 


【お客様のご要望や、お悩みは?】


 

 

⑴ 襟足が少し長い気がする。

サイドも耳たぶ位まで切ってもいいかな。

 

 

 

以上。

 

 

 

お悩みと言うよりは、ご自身でかなりやりたいヘアスタイルのイメージが統一されていますし、自分の髪の癖や、似合うか似合わないかなどはかなり熟知されているようなのでおっしゃる通りにカットをしていきます^_^

 

 

 

前回はサイドを前下がりにカットをしているのですが、今回、サイドは平行にカットしていきます^_^

 

 

 

同じショートでも前下がりか、平行かでがらりと雰囲気が変わるものですよ^_^

 

 

 

そもそも全体の長さが短いので、1センチ2センチの違いが大きく影響します^_^

 

 

 

そういった細かい違いを楽しむのもショートカットの醍醐味ですよね^_^

 

 

 

ということで、、、、、、、

 

 


【それでは仕上がりをご覧ください^_^】


 

 

 

ご来店時はこんな感じですね^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはこれで十分な感じがしますけども^_^

 

 

 

この辺をカットしていくのです^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上がりはこんな感じですね^_^

 

 

 

 

 

 

 

こんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上は短くしないと思うので、次回からは、現在のショートヘアを維持するような形にするか、襟足だけを切ってボブにしていくか^_^

 

 

 

いろいろな伸ばし方があるのでこれからも楽しみです^_^

 

 

 

また1ヵ月後にご予約をお取りいただいてお帰りになられたので、僕も今から次回のカットが楽しみです^_^

 

 

 

もう美容師になってだいぶ経ちますが、まだまだやっぱりカットは奥が深すぎます^_^

 

 

 

これからも自分がかわいいと思うスタイルを追求していきたいと思います^_^

 

 

 

 

転勤などで沖縄に来て美容室がまだ決まっていない方、ぜひいちど僕に髪の毛を任せてみて下さい^_^

 

 

沖縄は紫外線も強いですし、湿気も多いですし、水も硬水です。

 

 

髪の毛が今まで通りにいかない原因がたくさんあります。

 

 

 

そういった方のお悩みを日々解決していますので、いちどお話聞かせてください^_^

 

 

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜もっと短くしたくなった?!サイドのカットを変えるだけでだいぶ印象が変わりますよ^_^編〜

 

 

 

今日は以上です!

 

 

 

 

 

安達でしたー!

 

 

 

 

 

貴女は次回予約を入れた事がありますか?

 

 

はい or いいえ⬅︎クリックしてみてください!次回予告をお勧めしている理由がここにあります^_^

 

 

 

ご予約はこちらからお願いいたします!初めての方は会員登録がありますので、少しお時間がかかりますが、是非よろしくお願いいたします^ ^

 

 

この記事を書いた人

店長 安達 亮次 adachi ryouji instagram