• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog

blog

2019.01.15

〜成人式終わりにバッサリ!いつもありがとうまた会いましょう!編〜【安達のお仕事シリーズ】

みなさまこんにちは!

 

 

 

 

 

ポッキー安達 です!

 

 

 

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜成人式終わりにバッサリ!いつもありがとうまた会いましょう!編〜

 

 

はい。

 

 

やって参りました^_^

 

 

今回のお客様は普段は大地の大学に通っていて、今は沖縄に住んでいないのですが、今回は成人式で沖縄に帰ってきていて、成人式が終わったのでバッサリと髪の毛を切りに来てくれました^_^

 

 

 

最後は確か沖縄を出る時だったので、かなり久しぶりですね^_^

 

 

このような大事な節目のカットを任せてもらえて僕は幸せ者です^_^

 

 

【で、今日はどんな感じにカットしたいの?^_^】

 

 

今回の彼女の要望はアゴラインの切りっぱなしボブ。

 

 

段は一切入れずに重めのボブにしたいとのこと。

 

 

やっぱり人気ですね切りっぱなし^_^

 

 

 

まずはカットする前の状態をご覧くださいね^_^

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

【彼女はどんな髪質なんですか?】

 

 

 

髪の毛の量は多め。

 

 

クセはなく直毛。

 

 

髪の毛の太さは太め。

 

 

写真で見ていただいている毛先の部分はパーマがかかっています。

 

 

今回はこのパーマの部分は全てカットでなくなりますので、ストレートの直毛の部分だけになります。

 

 

【切りっぱなしボブって子供っぽくなったりしないの?】

 

 

 

切りっぱなしかどうかは別として、その方の顔に合った長さや、髪の毛のカラーなどいろいろなものが合わさって子供っぽいいや大人っぽいが決まってくると思いますが、、、、、、、

 

 

彼女が1番気にしているところは子供っぽく見られたくないと言う所でした。

 

 

確かに彼女は童顔の可愛い顔なので、 前髪を作るとアゴラインのボブで前髪あり、はさすがに可愛すぎるかなと思ったので、今回は前髪の長さは変えずにしてあります。

 

 

きた時点で前髪は頬骨位。

 

 

横に流す感じにしています^_^

 

 

 

カットが終わった状態の画像ご覧ください^_^

 

 

 

 

 

 

顔がお見せできないのが残念ですが、とても似合っていて可愛いです^ ^

 

 

 

 

 

 

【カラーは今回どんな感じにしたの?】

 

 

 

今回は彼女の要望で暗めにしたいと言う事だったので、はじめにカラーチャート(色の見本の毛束)を見てもらったら、7レベル位の明るさにしたいと言うことだったのですが、、、、、、

 

 

7レベルと言うのをヘアカタログで写真で見ていただいたら、少し明るく感じている様子。

 

 

そして普段から色が抜けるのが早く感じているようだったので、もうワントーン明度を下げて、6レベルのアッシュブラウンでトーンダウンしました!

 

 

 

【スタイリングとかは難しいの?】

 

 

 

全くそんなことはなく、必要なのはストレートアイロン!

 

 

これで軽く外ハネになる様にアイロンを滑らせて行きます^_^

 

 

そしてその後にはN.ポリッシュオイルを手先を中心に馴染ませたらおしまいです^_^

 

 

簡単だしかわいい!

 

 

彼女はストレートアイロンを持っていないと言っていたので、成人のお祝いで親戚や親からもらったお金で真っ先に買うべきだと伝えました^_^

 

 

どういうものがいいのか?など、選び方も説明しますので、わからない方は何でも聞いてくださいね^_^

 

 

 

彼女もとても喜んでくれたのでよかったです^_^

 

 

 

また久しぶりに会える日を楽しみに、技術を磨いてお待ちしていますので、沖縄に帰って来た時はまた顔見せて下さいね!

 

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜成人式終わりにバッサリ!いつもありがとうまた会いましょう!編〜

 

 

今日は以上です!

 

 

安達でしたー!

 

 

貴女は次回予約を入れた事がありますか?

 

 

はい or いいえ

 

 

 

ネットのご予約はこちらからお願いいたします。初めての方は登録が必要になります。お手数ですがよろしくお願いいたします!

 

この記事を書いた人

店長 安達 亮次 adachi ryouji instagram