• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog

blog

2018.10.10

〜鎖骨下のミディアムからアゴラインのボブ編〜【安達のお仕事シリーズ】

みなさまこんにちは!

 

 

 

ポッキー安達 です!

 

 

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜鎖骨下のミディアムからアゴラインのボブ編〜

 

 

はい。

 

 

やってまいりました。

 

 

今回のお客様は、初めてのご来店^ ^

 

 

量も多いし、まとまらないからバッサリ切りたいと。

 

 

まずはご来店時の髪の毛の状態をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

少し広がりやすそうな様子が画像を見てわかりますね。

 

 

 

 

 

まずは彼女の【髪質】から説明していきたいと思います。

 

 

髪の毛の量はかなり多め。

 

 

髪の毛の太さは太め。

 

 

クセがあり膨らみやすい。

 

 

と言った感じでしょうか?

 

 

普段ストレートアイロンや、ヘアアイロンなどは使わずに、ブラシとドライヤーでブローをしているようです。

 

 

彼女の【要望】は

 

 

バレない長さのボブにしたいと言うことだったのですが、持ってきていただいた画像が肩に着く位の長さだったんですよね、、、、。

 

 

もともと跳ねやすいのが悩みの方が、肩について跳ねやすい長さに設定するっていうのは、やはり跳ねやすい。

 

 

先に伝えておいたほうがいいかなぁと思って、長さは可愛いんだけどちゃんとスタイリングできていない時は、跳ねやすいと言うデメリットをお伝えした結果、肩につかない長さでカットすることに決まりました。

 

 

襟足は肩につかない長さで短くカットして、顎のラインのボブに段を入れて、毛先が分厚いボブではなくて毛先が細くなりぴたっと収まるボブにしていきます。

 

 

そして髪の毛の量が多くて、というのが彼女の悩みでもあるので毛量調節はしっかりしていきます。

 

 

しっかりとカットで形を作って量を調節することにより、きっと今まで自分でブローをしていたときよりもきれいにぴたっと収まるようになると思います。

 

 

仕上がりはこういった感じになるんですけど、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

さっきまでの重くて膨らんだヘアスタイルから、艶のある綺麗なボブの完成です^ ^

 

 

こういった感じ。

 

 

 

 

 

 

ただ乾かしただけではなくてブラシとドライヤーを使うと言っていたお客様だったので、僕もそれと同じようにブラシとドライヤーでブローをして仕上げています。

 

 

ただいろいろ説明させていただきながら乾かす時にもっていくべき髪の毛の向きであったり、順番であったりと、今回初めて知る事もあったようなのでやはり説明をすることの意味を改めて感じました^ ^

 

 

ということで乾かし方やブロースタイリング剤などの説明をしていきたいと思います。

 

 

【乾かし方】

 

 

まず乾かす前にこちらの洗い流さないトリートメントを2プッシュほど全体になじませて、クシでとかして全体にしっかりとなじませて行きます。

 

 

 

 

 

 

意外と皆さん毛グシで軽く馴染ませるだけなのですが、基本的にはクシでとかしてください。

 

 

クシを通すことによってついていない部分がなくなりトリートメントのつけムラがなくなるからです。そして髪の毛の絡まりもなくなり乾かした時にサラサラになります。

 

 

そして、前髪から乾かして行きます、しっかりと右から左からといろんな方向に髪の毛を軽く引っ張りながら乾かして、なるべく根本がきれいに真下に落ちるように乾かして行きます。

 

 

基本的に顔周りには割れやすいクセ、こめかみの部分だけうねるクセ、前髪が浮きやすいなど、皆さん大体前髪には何かしら悩みを持っていたりするものです。

 

 

それらの生え方のクセなどを治すためにしっかりいろんな方向から引っ張って乾かすのが大切です^ ^

 

 

前髪が乾かし終わったら、そのままトップを乾かしていきます。

 

 

女性は髪が長いので、トップの髪の毛は初めにクシで、とかす時点で真ん中や横からしっかり分け目をつけてしまうと思うのですが、、、、、、、

 

 

そのまま乾かしてしまうとトップがぺったり潰れて分かれたままになってしまうので、ハチのボリュームなどが目立って頭が四角く見えてしまいます。

 

 

前髪同様、しっかり右から左からいろんな向きに乾かしていくのがいいと思います。

 

 

トップが終わったら、あとは後ろから前に向かって乾かしていくといいと思います。

 

 

自分で乾かす時は下を向いて乾かすと簡単だと思いますよ。

 

 

そして8〜9割型乾いたら、今度はブラシを使ってブローをしていくのですが僕たちはこんな感じの丸いブラシを使っています。

 

 

いわゆるロールブラシと言うやつなのですが、ドライヤーとブラシが一緒になっているくるくるドライヤーでも、okです!

 

 

 

 

 

 

大切なのはブラシがしっかり髪の毛に噛んでいて、ゆっくりと風を当てながら通せれば良いのです!

 

 

これも、基本的には全て前に向かってブラシを通せれば綺麗に内に収まります^ ^

 

 

ストレートアイロンを使うときも、同じように、少し前に向かって通すと良いです^ ^

 

 

さらっとした、ボブなので、ワックスなどはつけずに、ブローが終わった後に、乾かす前につけたこちらを、半プッシュくらい、毛先中心になじませます^ ^

 

 

これで、スタイリングはおしまい^ ^

 

 

サラサラボブの出来上がりです^ ^

 

 

喜んでくれると良いのですが、、、、^ ^

 

 

 

今回のお客様は、切ってはご来店時の長さくらいまで伸ばしてバッサリ切って、の繰り返しと言っていましたが、、、、、

 

 

 

出来れば、1.5〜2ヶ月くらいが次回のカットの目安になります^ ^

 

 

 

 

定期的にカットして、いつもいい状態にしておくことにより

朝のスタイリングの時間なども、短くすみますし、何より周りから見られた時に『あと人いつもヘアースタイルが素敵だよね』と良い印象を与える事間違いなしだと思うのです。

 

 

 

12月くらいにまた切りに来てください^ ^

 

 

 

よろしくお願いします^ ^

 

 

 

今回はカットなので、4860円です。

 

今回のブログで僕が何を伝えたかったかというと、、、、、、、、、

 

 

【髪の毛が多くて、膨らみやすい。が悩みのお客様がご来店】

 

 

【襟足の生え方や、首の長さなど、その方の扱いやすそうな、顎のラインのボブに決定!】

 

 

結果、、、、、、、

 

 

【ストンと収まるサラサラボブの出来上がりです】

 

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜鎖骨下のミディアムからアゴラインのボブ編〜

 

 

今日は以上です^ ^

 

 

安達でしたー!

 

 

貴女は次回予約を入れた事がありますか?

 

 

はい or いいえ

 

 

ネットのご予約はこちらからお願いいたします。初めての方は登録が必要になります。お手数ですがよろしくお願いいたします!

 

 

 

この記事を書いた人

店長 安達 亮次 adachi ryouji instagram