• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog

concept

「an rio」はスペイン語で「川」を意味します。
昔から川の周りにはたくさんの人が集まり、栄え、発展し人々の生活を支えてきました。
そんな「川」のように皆様に親しまれ、愛され、支えられる美容室にしたい、そんな想いからこの名前を付けました。

「an rio」の一番のこだわりは“ダメージレス”
お客様の髪への負担を減らす為にカラー・パーマ・ストレートの施術で肌と髪のPHと同じ「弱酸性」の薬剤を使用。
シャンプーも弱酸性アミノ酸、100%オーガニックのものを使用し徹底的にダメージレスにこだわっています。
「美容室で施術すると髪が傷む」から「する度に、よりキレイな髪へ」
一人一人の「なりたい」を現実に、それが「an rio」です。スタイリングのお悩みなども、気軽にご相談ください。

毛髪ダメージをほとんど与えない、
進化系・弱酸性デジパー!

  • 【1.】乾くと浮き出る形状記憶、パーマの"もち"も長持ち

    従来のパーマは、乾くとカールがのびるのでスタイリングが大変。
    デジパーは逆で、乾くとカールが浮き出るのでスタイリングが簡単。
    乾かすだけでもOK!しかも形状記憶されたカールは従来より落ちにくくなり長持ち。

  • 【2.】ダメージをリセットしてツヤのある元気な髪に

    従来のパーマはタンパク質が流出してしまっていた。
    その点、弱酸性デジパーはタンパク質か高分子に膨らみ髪内部にしっかりと密着。
    傷んだ髪の穴を確実に埋めて、なめらかな手触りに仕上げます。

  • 【3.】アイロンで巻いたような大きいゆる巻きを実現

    パーマなのにアイロンで巻いたような大きいカールを表現することが可能になり、
    質感はアイロンの巻き髪よりもふわりと軽く、空気を含んだような柔らかいタッチで文句なしの仕上がり!

なぜ傷まないの?

従来のパーマ剤は、アルカリ剤で髪を膨潤させてから、還元剤を浸透させ、カールを形成していました。
このアルカリ剤による膨潤が、タンパク質の流出をまねき、ダメージの原因となっていました。
弱酸性デジパーでは、髪を膨潤させる事無く還元剤を浸透させ、カールを形成することを可能にしたのです。

常識を超えたダメージ最小限!!
アルカリ性を使わないパーマ・ストレート剤

パーマスタイルを楽しみたいけど髪を傷めたくない!ストレートパーマの髪のダメージでクセが酷くなった!
カラーも一緒に続けていきたい!などなどご希望な方にピッタリです。
今までの酸性パーマ・ストレート剤では考えられないほどの、ダメージレスな仕上がりで幅広いスタイルをご提案させて頂きます。

  • 【1 】アルカリが髪のダメージを作り出す

    一般的なヘアカラーやパーマ剤は、アルカリ性です。今までの薬剤はアルカリで髪をぼう潤
    させなければカラーは明るくならず、パーマはウェーブも作れませんでした。それにより髪は
    ダメージを受けていました。このダメ―ジの手がかりが「アルカリ0(ゼロ )」にたどり着きました。

  • 【2 】ダメージを最小限に抑える"ゼロムーブメント"

    パーマやストレートパーマでのアルカリを一切使わないことを「ゼロムーブメント」システムです。
    世界初の還元剤と日本初の還元剤の特異性は、酸性トリートメントと合わせることで健康毛から
    ハイダメージした髪まで対応でき、ダメージレスな仕上がり感でなりたいスタイルに挑戦できます!