• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog
  • recruit

blog

2018.11.24

〜ハンサムショート 真似します編〜【安達のお仕事シリーズ】

みなさまこんにちは!

 

 

 

ポッキー安達 です!

 

 

 

 

【安達のお仕事シリーズ】

〜ハンサムショート 真似します編〜

 

はい。

 

 

やってまいりました。

 

 

本日の客様は今度撮影をさせていただくモデルさんです。

 

 

撮影の仕込みのために今日はカットとカラーでご来店いただきました^_^

 

 

ご来店時の画像ご覧ください。

 

 

 

 

 

少し長めのショートカットが伸びたと言う感じでしょうか。

 

 

 

 

 

顔見た瞬間に勝手にショートカットにすると決めました。

 

 

前髪は長めでサイドは耳下まで切ろう。

 

 

そのような感じで思ったので、どんな感じに切りたいのか聞いてみたところ、ショートカットにしたいと言う事だったので、そのまま自分の思ったように今日は切らせていただきました。

 

 

彼女の少しクールな印象にぴったりだと思ったので、あまりないのですが、母を勝手に決めさせていただいたような感じです^ ^

 

 

カラー少しトーンを抑えてアッシュ系で赤みを消すような感じで。

 

 

 

今回僕がカットでこだわったのは、

 

 

⑴ 横から見たときに頭の形をきれいに見せる

 

 

⑵ 襟足の収まり

 

 

⑶ 横顔美人

 

 

この3個に限ります。

 

 

特に襟足の収まりです。

 

 

最近Instagramを見ていたら、すごくショートカットの上手な美容師さんがいたので、これから徹底的に真似をして、同じクオリティーで切れるように上手くなります。

 

 

僕は基本的に、いいなと思ったものは徹底的にパクリます。

 

 

まくると言うと聞こえが悪いかもしれませんが、まずは徹底的に真似をして同じものを作れるようになって、そこからオリジナルが生まれると思っています。

 

 

なのでとりあえず納得いくまで真似をし続けます^ ^

 

ということでカットが終わった状態の画像ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

襟足の収まりと前髪からサイドへの流れを意識してきりました。

 

 

 

 

 

まだカットした後から見てみると、足りない部分があるのでこれからもっと練習をして上手くなります。

 

 

 

 

 

今回はお客様ではなくモデルさんなので、完全に相手に合わせると言うやり方ではなくて、少しだけ自分のやりたいようにやらせていただきました^ ^

 

 

もちろん撮影に協力して頂くモデルさんなので、お代はいただいていません。

 

 

今回意識したのは先ほど挙げたこの3つですが、

 

 

⑴ 横から見たときに頭の形をきれいに見せる

 

 

⑵ 襟足の収まり

 

 

⑶ 横顔美人

 

 

このようにいつもお客様をカットする時も意識をしている部分は必ずあるのですが、今回はさらにもう一つ

 

 

自分がいいと思った美容師さんのヘアスタイルを

 

 

【真似する】

 

 

と言う要素が1つ加わっていますので、意識することがさらにもう一つ増えています^ ^

 

 

しっかりスタイリングをした写真は今回はお出しせず、この画像から、撮影当日しっかりとスタイリングをして、きれいに写真を撮ってもらうとどうなるかと言うところを見ていただきたいと思います^ ^

 

 

こんな感じでみんな、上手くなるように練習してるんだなと思っていただけたら幸いです^ ^

 

 

やや押し付けがましいですが、、、、、^ ^

 

 

まだまだ練習します^ ^

 

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜ハンサムショート 真似します編〜

 

今日は以上です!

 

 

 

安達でしたー!

 

 

貴女は次回予約を入れた事がありますか?

 

はい or いいえ

 

 

ご予約はこちらからお願いいたします!初めての方は会員登録がありますので、少しお時間がかかりますが、是非よろしくお願いいたします^ ^

 

12月は混雑が予想されるため、早めのご予約をお勧めしています^ ^バタバタし過ぎないようにする為、すでに12月のに、ご来店の予定がありそうな方は、ご予約をお取り頂いています^ ^ご協力お願いいたします^ ^ 髪の毛を綺麗にして、2019年を迎えましょう^ ^

 

 

 

この記事を書いた人

店長 安達 亮次 adachi ryouji instagram