• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog
  • recruit
blog
2018.04.30

〜結局何したって、、、、、、編〜【安達のお仕事シリーズ】

みなさまこんにちは!

 

 

ポッキー安達です!

 

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜結局何したって、、、、、、編〜

 

はい。

 

やってまいりました。

 

本日の客様は、an rioスタイリスト上田理一先輩です。

 

an rio  1のイケメン美容師としての称号を手中に収めた強者でございます(笑)

 

人それぞれ好みがあると思います。濃いめが好きだ、塩顔が好きだ、短髪が好きだ、少し長い位の方が好きだ。と。

 

しかし結局、いいものはいい!そういうことになります。

 

『おいおい結局顔の話かよ?!』

 

そんな声が聞こえて参りますが、僕もそんな浅はかな男ではありません。

 

10代の夢見る女の子ではあるまいし、顔が良ければいったん、とりあえず、全てがオーケーと言う話では全くもってございません。

 

顔もちろんそうなのですが、

 

1番大切なのは中身ですよね^ ^

 

前にも書いたと思いますが、

 

【丁寧】

 

この一言に尽きると思います。

 

各スタイリストみんなそこはもちろん意識しているところなのですが、なかなか持っての丁寧さなので、見習うところばかりです。

 

『カウンセリング』ここはかなり丁寧なので、初めてご来店いただいたお客様は、この時点でかなりの不安を取り除くことができ、イメージを共有することができると思います。

 

僕がボウズじゃなければ絶対切って欲しいですもんね^ ^

 

最後の仕上げの説明も、ものすごく丁寧だし、僕もいつもフレーズをパクって、盗みまくって、何とか仕事をしています。

 

アイデアを盗んで自分のものにするのはかなり得意なので^ ^

 

と今説明したように、どういう髪型にしたいかって言う【カウンセリング】が丁寧で、その髪型を作るための【説明】が丁寧だとしたら、お家に帰ったらかなり【再現性】が高いと言うことになりますので、絶対皆さん切ってもらったほうがいいですよ^ ^

 

と言うふうに、身内を褒めちぎるのはこれぐらいにしておきまして、カットの話に入りたいと思います^ ^

 

まず理一サンの【髪質】は、量はかなり多め、髪の太さは細め、クセは、なし。といったところでしょうか。

 

仕事は美容師なので、当然朝のスタイリングにかける時間は十分ありますし、スタイリング剤や道具なども全てお店に揃っているので、一般の皆様よりはかなり、髪の毛にかける時間は取れる感じですね^ ^

 

まぁそんなにかけないですけど。

 

カットする前はこんなに伸びていて、襟足がかなり伸びちゃって、

 

 

 

 

 

アシスタントの崎浜はいつも

 

『襟足が短いほうが絶対に良いですよ』

 

などと先輩にアドバイスしていました。

 

もみあげが、生えていないので、2ブロックにするのはかなり抵抗があるようでしたが、サイドと後ろの刈り上げる長さをハサミで調節して、サイドは6ミリ、後ろは9ミリになるように徐々にグラデーションで調節しています。

 

後で仕上がりの写真を見てもらえればわかると思いますが、僕が思うに、もみあげが生えていないからと言って、長さを残してもみあげを作るよりは、2ブロックにする時はバッサリいっちゃったほうが、潔くそして別に見た目もそんなに気にならないと思います。

 

トップの長さ等は、一切変えていません。

 

両方とって、束感や、動きを出すしやすくするために、毛量調節をしたのみです^ ^

 

仕上がりはこういった感じになりました。

 

 

 

その人の【骨格】に合わせて、2ブロックする時も刈り上げる幅を決めているので、横から見たときも頭の丸みがきれいにシルエットが決まります^ ^

 

この、刈り上げる【幅】が、かなり大事なので、この幅を間違えると、2ブロックにしても、全然かっこよくなりません。

 

あしからず。

 

後ろまで2ブロックにすると、なんかタラちゃんみたいで、、、、、、、

 

と言う方は、サイドだけにして、後は自然につなげるのがいいと思います。

 

その方の頭の形に合わせて、いくらでも長さや形などが調節しますので、一緒に相談してベストなバランスを決めていきましょう^ ^

 

七三分けにしても良し、センターパートでも良し。

しかし個人的には、ターミネーターの男の子のヘアスタイルみたいに、もう少しサイドを伸ばしていてもいいのかな思っています。

 

こういった感じ。

 

 

 

これ多分僕が小学校の時の映画だと思うんですけど、その当時からこの髪型はかっこよくて、いいなぁと思ってました。

 

しかし自分には似合わないことが判明したので、この気持ち理一さんにぶつけていきたいと思います。

 

お店のスタッフを切る時もそうですが、お客様をカットするときは、当然全力でいかせていただきますので、ぜひ髪の悩みや、スタイリングの悩みなど何でもご相談ください^ ^

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜結局何したって、、、、、、編〜

 

今日伝えたい事は以上です!

 

安達でしたー

 

貴女は次回予約を入れた事がありますか?

 

はい or いいえ

 

ネットのご予約はこちらからお願いいたします。初めての方は登録が必要になります。お手数ですがよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

Manager 安達 亮次 adachi ryouji instagram