• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog
  • recruit
blog
2018.08.30

〜襟足が浮きやすい!?浮かない長さでバッサリカット!編〜【安達のお仕事シリーズ】

みなさまこんにちは!

 

 

 

ポッキー安達 です!

 

 

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜襟足が浮きやすい!?浮かない長さでバッサリカット!編〜

 

はい。

 

やってまいりました。

 

本日の客様は、約2ヶ月半ぶりのご来店。

 

前回のカットの時におっしゃっていたのは、『髪の毛を伸ばしている』との事。

 

なので前回は、毛先を揃えて、髪の毛の量整えた程度でした。

 

今回もそういった内容でご来店かなと思ったら、『結局結んでいるだけなのでバッサリ切りたい』と。

 

お仕事の時は基本結んでいて、いちど結んでしまうと、後がついてしまって下ろすことができないので、結局結んだまま。

 

休みの日も下ろそうかなぁ、と思うけど、お家の中では結んでいて、結局なんだかんだで結んだまま。

 

といった感じらしいです。

 

 

 

とりあえず彼女のご来店時の画像をご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

まず彼女の【要望】は

 

⑴ サイドはリップラインぐらいまでカットして襟足もかなり短くバッサリ切りたい。

 

⑵ 襟足が浮きやすいので、そこが悩み

 

 

⑶ ハチ張っていて頭が四角くも安いので頭の、丸さをきれいに見せたい。

 

と言った感じ。

 

そこを踏まえて、

 

彼女の【髪質】は

 

髪の毛の量はかなり多め

 

髪の毛の癖はなく直毛、かなりまっすぐ。

 

髪の毛の太さはやや太め、そして固め

 

と言った感じです。

 

今回の1番のポイントとなるのはこの悩みです^ ^

 

 

⑴ サイドはリップラインぐらいまでカットして襟足もかなり短くバッサリ切りたい。

 

⑵ 襟足が浮きやすいので、そこが悩み

 

 

襟足がおかないで1番短く切れる長さをまず見つけます。

 

どんな襟足かなぁと思って見てみたらこのように上を向いて生えていました^ ^

 

 

 

よくある話。

 

 

なおかつ今回のお客様は襟足が長めに生えているので、浮かない長さを残してカットすると、サイドはアゴ下になってしまいます。

 

しかし今回の1番の目的は、おろしていられる髪型。

 

なので少し長めのショートボブにさせてもらいました。

 

頭の悪さもしっかり出るように襟足はタイトになるようにカットしトップからふんわりボリュームが出るように。

 

頭の丸さを、綺麗に見せる時に、いつも僕が大切にしているのは、ボリュームを出そうとするのではなく、いらない襟足のボリュームを極力削ることです。

 

そうすることで無理にトップにボリュームを出すことなく乾かしただけで襟足がぴたっと収まるきれいなショートが出来上がります^ ^

 

 

⑶ ハチ張っていて頭が四角くも安いので頭の、丸さをきれいに見せたい。

 

 

こちらの悩みも、乾かし方でトップのボリュームを出すことと、つぶれてしまいやすい、サイドの髪の毛を下から乾かしてもらって丸さを持たすことで解決していきたいと思います。

 

久しぶりにバッサリ切りますし、当然髪の毛の量も、増えているので、まず量の調節をしっかり行います^ ^

 

そうするとこのように丸さのある綺麗なショートヘアの出来上がりです。

 

【スタイリングについて】

 

できれば朝に根本からすべて髪の毛を濡らしていただいて、しっかり左右に振りながら、根本を乾かしその後は全て前に向かって引っ張りながら乾かします。

 

後は手グシで整えて、柔らかめなワックスかシアバターなどをなじませて乾燥を抑えたらおしまいです。

 

しかし

 

 

今回のお客様はかなりの直毛です。

 

乾かしただけでは少し丸みが足りないのでストレートアイロンを使っていきます。

 

サイドとトップの髪の毛だけ挟んで、丸さを出すようにアイロンをスルーしていきます^ ^

 

朝の時間にプラス2 〜3分だけいただければアイロンを通し、丸さ出すことができるので直毛の方でもぜひトライしてみて下さい^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【カラーについて】

 

今回のお客様はかなり退色をしていて、オレンジっぽくなっています。

 

いろいろカウンセリングをさせていただいたところ、やはりあまり重く見えたくないとの事なのでアッシュの色にオレンジを消すために少しマット系の色味を足して、透明感を出していきます^ ^

 

黄色になりやすい方ならアッシュに少し紫を混ぜますし、その方の持ってる髪の毛の色によって補色して混ぜる色は使い分けていきます^ ^

 

お仕事でジムのインストラクターをしているようなので、『プールに入ったりしても大丈夫なように』との事でしたが、
今のところこちらに関しては完全にお手上げです、、、、、、、^ ^

 

 

できれば次回やりづらかったところなどを聞かせていただいて、そこを改善していけるようにまた考えていきたいと思いますので、次回もぜひまたよろしくお願いいたします^ ^

 

ということで今回僕がこのブログで伝えたかった事は

 

【その方の襟足の生え方によって、切れる長さが違う】

 

【それらを見極めてその方に合った長さやヘアスタイルの提案をします】

 

【結果可愛くなります】

 

以上です。

 

【安達のお仕事シリーズ】
〜襟足が浮きやすい!?浮かない長さでバッサリカット!編〜

 

今日は以上です!

 

安達でしたー

 

貴女は次回予約を入れた事がありますか?

 

はい or いいえ

 

ネットのご予約はこちらからお願いいたします。初めての方は登録が必要になります。お手数ですがよろしくお願いいたします!

 

 

この記事を書いた人

Manager 安達 亮次 adachi ryouji instagram