• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog
  • recruit
blog
2021.07.27

メンテナンスカットでお手入れ楽して、綺麗なヘアーを保ちましょう✨

 

みなさん、こんにちは

9月再デビュー予定の崎原です!

わたしのプロフィールぜひご覧ください

 

 

 

ご無沙汰でした🙇‍♀️

久しぶりにブログを書きます、、

最近の私はマールからアンリオに移動になり

アンリオのスタッフと共に日々

忙しく楽しくお仕事させてもらっています

 

 

移動して感じたのは、

やっぱり類は友を呼ぶんだなーと😍

 

安達さんに長い間つかせてもらってたので

安達さんに集まってきてくれているお客様の

優しい雰囲気に慣れてサロンワークしていて

移動になってまた違うスタイリストに入ると

別の雰囲気のお客様が集まっていて

面白いなーと新鮮で楽しみながらお仕事しています💓

 

 

ムトウさんのお客様は、

丁寧な説明、接客で安心してもらうように心がけたり🥰

 

崎浜さんのお客様には、柔らかい優しい接客で

何気ないおしゃべりから大切にするようにしたり🥰

 

田村さんは、やっぱりスピードが早いので

スピード意識しつつ丁寧な仕事を心がけ🥰

 

稲福さんは、私と雰囲気?空気感が似ているので

稲福さんのお客様には割と自然な感じの接客を楽しんでいます🥰

 

 

私も早くスタイリストになって

たくさんの家族のようなお客様を集めて

毎日会いたい人が会いにきてくれるような

サロンワークができたら最高だな〜💓

とワクワクしています

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここで近況報告は終了して、

髪の毛のお話を💇‍♀️

 

カットモデルさんを募集している私

きてくれる方には、半年ぶりとか、一年ぶり

のお客様も少なくありません🙄

 

 

私も小さい頃は、琉舞をしてた事もあり

美容室は一大イベントで💕

年に1回もいかない事もありました。

今思うと、どうやって手入れしてたんだろう?

 

 

ドライヤーちゃんとやってただろうか?

毛先きれてたんだろうなーと思います😮‍💨

 

 

伸ばしていても、短くしたくなくても

4ヶ月に一回はメンテナンスのカットが必須です✂︎

 

 

(このモデルさんは長さはあまり変えず毛量調整と扱いやすいようにカットしました)

 

 

 

メンテナンスカットが重要なわけがこちら👇

 

①髪の毛の成長期は一本一本違っていて

伸びるスピードが違います。

なので、不揃いになる毛先を定期的に

整えてあげる事で綺麗に伸ばせます。

 

 

 

②一年かけて伸ばして、1年ぶりの美容室へ、

毛先が枝毛になっていて傷んでるところだけ

切ってください、、が結局10cm切る事も🥲

髪の毛は1ヶ月に約1センチ伸びると言われています

頑張って1年で12センチ伸ばしても結局10センチ

カットしてしまってはもったいない🥲

定期的に枝毛や切れ毛をお手入れした方が

綺麗な髪を伸ばせます

 

 

 

③半年、一年ぶりだと毛量が増えて大変😭

特にドライヤー🥺🥲

定期的なお手入れで、ドライヤーなど

普段のお手入れがだいぶ楽になりますよ!

また、久しぶりのカットだと

この毛量調整、髪の毛をすくというカットに時間がかかることも。。定期的に通っていれば1時間以内におわるカットもそれ以上の時間かかってしまうこともあるんです🥲

 

 

カラーなども同様で、定期的に通うことで

メリットがたくさんあるんです💕

それはまた今度説明しますね!

今回のお話で少しだけでも定期的に美容室に通う

大切さが伝わっていると嬉しいです

 

 

定期的に通っていただくため

この時期に来てくれたらベスト!

の日を逃さないように🙄

 

アンリオでは次回予約をお勧めしていますよ〜

ぜひ、一緒に髪の毛綺麗にしていきましょ💓

 

 

私は9月の再デビューに向けて

まだまだカットモデル募集中です!

空いてればカラーやパーマモデルさんも可能なので

InstagramDMよりお気軽にご連絡ください!

ポチっとな👇

@rinako.sakihara

 

 

アンリオ、アンリオマールでは、これからも

コロナ対策を徹底して行っています。

①マスク着用

②手指消毒の徹底

③換気の徹底

④スタッフの体温チェック

⑤お客様にも検温ご協力いただいています。

安心してご来店くださいませ。

本日も最後までありがとうございました😊

 

サキハラリナコ

 

この記事を書いた人

アシスタント 崎原 梨奈子 崎原 梨奈子