• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog
  • recruit
blog
2021.07.30

 こんにちは(^_^)イナフクです!

 

お店では、弱酸性のやさしい

 

縮毛矯正のお薬などもあるので、

 

悩めるクセっ毛の方がよくいらしてくれます♪

 

 

髪の毛の状態や、今までの履歴などを聞きながら

 

各スタイリストがより良いお薬を

 

チョイスするので

 

迷ってるかたは相談してみてください(^_^)♡

 

 

今回は、

 

最近私が担当した

 

縮毛矯正のお客様を紹介します!

 

 

一人めは、

 

軟毛でハイダメージロングのお客様です💡

 

細くて柔らかい毛質なので、

 

今までのカラーのダメージで

 

中間から毛先が特に引っ掛かりがつよくて

 

強い縮毛矯正のお薬だと

 

痛むどころか、ちぎれてしまうタイプの痛みかたでした💦

 

 

カウンセリングをしていくと、

 

顔周りなどのボリュームやうねりが

 

湿気が多い日に気になるくらいで、

 

毛先は気にならないとのことでした💡

 

大きくうねるクセでしたので

 

毛先だけ見るとパーマをかけたような

 

見た目でもあったので

 

そこはダメージも気にして

 

お薬は塗らずそのまま活かすことに✨

 

 

軟毛さんのあるあるでよく

 

縮毛矯正するとペタんとしすぎるという

 

心配もあったので

 

根元は3センチあけて塗って

 

自然な立ち上がりもキープするようにしました!

 

 

仕上がりはこちらです🌿

 

 

根元に先に薬塗って

 

中間は後から塗ることで

 

縮毛矯正と毛先のウェーブが

 

自然に繋がるように意識しました💡

 

ダメージも最小限で

 

綺麗に✨

 

毛先のダメージは縮毛矯正で

 

ピンとさせずに

 

栄養分たっぷりなシャンプーと

 

トリートメントでつやつやしっとりさせました!

 

 

気に入ってもらえてよかったです☺️

 

次ダメージレスの弱酸性カラーで

 

お待ちしております🌿

 

 

 

 

二人めは、

 

ハイトーンのクセっ毛さんのお客様✨

 

クセが10センチほど伸びていて

 

ポニーテールしたときに出てくる

 

顔周りや襟足の産毛のうねりが

 

特に気になるとのことでした!

 

 

髪質はしっかりして強めですが

 

ハイトーンの髪だったので

 

もともとダメージしやすい

 

顔周りなどの細い毛は

 

少し弱ってる印象でした💡

 

 

カラーも久しぶりみたいで、

 

根元が5センチくらい黒くのびていたので

 

まずはカラーのリタッチから🙆‍♀️

 

 

カラーが伸びすぎてるハイトーンのかたは

 

縮毛矯正の薬剤塗布が難しくて

 

仕上がりがムラになりやすいので

 

少し時間はかかりますが

 

ダメージを警戒してカラーリタッチからしました!

 

 

ある程度根元が繋がったら

 

縮毛矯正のお薬を塗布します!

 

髪がもともとしっかりしてて、

 

弱すぎる薬だとクセが伸びてくれないので

 

少し強めのお薬を使うことに💡

 

 

根元→中間→襟足の産毛→顔周り

 

と、薬が効くまでに時間がかかる順番で塗って

 

ダメージに弱い場所は

 

時間をおきすぎるとちぎれてしまうので、

 

必要な時間だけおけるように

 

塗り分けをするのがポイントです💡

 

塗布して流したらアイロンをして、

 

柔らかいベージュになるようにカラーしました😊

 

仕上がりはこちらです🌿

 

 

毛先の方は

 

仕上げにコテで巻いてますが

 

クセがあった根元が中間はまっすぐおちついています😊

 

カラーも気に入ってもらえてよかったです✨

 

またおまちしております!

 

 

以上

 

最近の縮毛矯正事情でした🌼

この記事を書いた人

スタイリスト 稲福久乃 inafuku hisano facebook instagram

関連する記事