• X
  • home
  • concept
  • menu
  • style
  • staff
  • collection
  • access
  • blog
  • recruit
blog
2018.05.03

ハイライトカラーについて

今日はハイライトカラーについて書いてみたいと思います。

最近は昔のギャルみたいに若い子だけのものじゃなくて、大人もやる方が多いメニューなので知っている方もいると思いますが改めて説明してみます。

 

なみのりいち(上田理一)のプロフィールはこちら

 

 

簡単に説明をすると全体のカラーより明るいカラーを筋状に入れるとゆーもの。

 

他の髪の毛に付かないよーにアルミホイルで包みながら染めていきます。

 

こんな感じで

 

 

この髪の毛の束を

細くする、間隔をあける、本数を増やしたり減らしたりする、ことでその方にあったデザインをしていきます☆

 

一色では表現できないカラーができるので立体感が出たり艶が出て見えるのでオススメ!

 

 

では早速、最近ハイライトカラーをさせていただいたお客様を見てみましょう。

 

 

 

【ブリーチ無ハイライト】

 

 

 

色が落ちてオレンジっぽくなってるのが気になるとゆーオーダー。

アッシュ系のカラーをベースに同系色のハイライトで艶&柔らかさを出しました。

巻いた時に動きが分かりやすいです☆

 

極力色素が薄い感じにしたいとゆーオーダー。

グレージュ系のカラーをベースにアッシュ系のハイライト&ローライトで透明感を出して赤オレンジっぽさを消しました。

光の当たり具合で色が変わって見えるのが特徴★

 

 

 

【ブリーチハイライト】

 

 

 

遊びの効いたデザインを楽しみたいとゆーオーダー。

黒の地毛をベースにブリーチハイライトで金よりにしてから赤系のマニキュアで色を被せました。

黒と赤の組み合わせいいですね♪

 

赤みを消して明るめの透明感がある色にしたいとゆーオーダー。

ブリーチハイライトをしてから全体にカーキグレージュ系の色を被せました。

髪が柔らかそうに見えます☆

 

 

 

こんな感じで求めるものによって色味や明るさ、ハイライトの数や細さを変えていきます。

こーゆーカラーだとセルフではできないので美容室で染める意味もあるかなーと思います。

 

 

 

やってみたいけど学校や職場など生活環境で明るくできないって方もいますよね!?

そんな方にオススメはローライトと組み合わせて入れることでそこまで明るくなくてもハイライトを目立たせることができます☆

 

 

※ローライト→元の髪の明るさより暗いカラーを筋状に入れること。

 

 

逆に明るくしたくないけどやってみたいって方もいますよね!?

そんな方はローライトだけ入れることもできます。

ローライトを顔周りや襟足に入れることで影になって見えるので小顔効果も期待できますよ。

 

 

 

そしてハイライトやローライトを駆使して白髪対策もできます。

白髪の本数にもよりますが大抵の方が束になって生えていると思います。

なのでハイライトやローライトで、そもそも色んな明るさの束を作って染めていきます。

そーすることで白髪が馴染むので、その時はもちろん伸びてからもいつもより目立たなくなっていきます!

 

白髪とそーでない髪の割合が白髪のが少ない場合は有効です!

 

 

あとは【グラデーションカラー】【インナーカラー】【バレイヤージュカラー】など個性的な染め方もできます☆

 

 

こんな感じで一色ではできないデザインカラーが楽しめます^ ^

せっかく美容室で染めるなら自分でできないカラーを楽しみましょう。

 

 

一色で染めるより艶&立体感が出て見えるので結婚式や成人式など写真を多く撮る機会があるときもオススメ。

どーせ残すならキレイな状態で写真に残したいですよね!?

 

 

言葉だけではよく分からないと思うので興味ある方はまず1度ご相談くださいね^ ^

ヘアカタログなどを使って説明させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※土日祝日は終日、平日は朝・夜が予約重なりやすくなってますので
早めの予約にご協力お願いしますm(__)m

 

24時間ネット予約はこちら

那覇おもろまち美容室an rio上田理一

 

 

※初回登録が必要となります。お手数ですが宜しくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

Instagramも良かったら気軽にフォローしてくださいね。

沖縄食べ歩き、観光、普段の仕事など載せてます↓

関連する記事